藤澤俊輔 藤澤俊輔 (創作いとこい漫才作家/オチ屋)
お知らせ掲示板

「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」を,「小噺」を教材として詳しく解説します。

2018-09-20 14:11:08 UTC

board image 漫才ではなく「小噺」を教材として使うことによって,「しゃべくり漫才の書き方」を文章化することに成功しました。「小噺」はとても短く,「ネタの作り方の全体の構造が分かりやすい」という利点があり,同時に,「小噺」には基本オチがついているので,「オチのつけ方」についての説明もできます。

第1章では前段階の基礎として「普通の会話を漫才にする方法」について説明し,第2章で「小噺の書き方」について解説します。その後,第3章では「漫才台本を洗練する方法」について書いています。

関連ページ
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」を,「小噺」を教材として詳しく解説します。|藤澤俊輔 (漫才作家/オチ屋)|note

コメント

コメントする

hitoisへの寄付をお願いします。

hitoisは皆様の寄付で運営されています。
詳しくはこちら。